生命保険は必要です

生命保険とは、人が死亡・ケガに関わる事態となったとき保障することを目的とする保険です。
契約により死亡や入院など様々な条件で保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するものです。
日本では生命保険を生命保険会社が行っています。
また、これと同様の保険として、郵政民営化前に行っていた郵便局の簡易保険や、農協や生協などの共済事業の中で生命共済があります。

このような生命保険も貯蓄が出来るものもあれば、死亡や入院をしなければ一切保険金の戻らない掛け捨ての生命保険があります。
どちらのタイプを選ぶかは、その人の考え方や状況次第となりますが、いつ何が起こるか分からないのが人生ですから、いずれにしてもこういったものをかけておくことで、安心した生活を送りやすくなるでしょう。

たとえば、家族を養っていた一家の大黒柱が急な病気や事故で亡くなってしまったとしましょう。
そんなとき、生命保険に加入していれば、保険金がおり、遺された家族の生活を支えてくれます。
しかし、生命保険に加入していなかった場合は、収入を得る手段を失った家族は、その後の生活に困ってしまうでしょう。
また、一人暮らしの独身者だとしても、事故による怪我で入院をしなくてはならなくなったとき、生命保険に加入していないと、その間の収入がなくなったり、治療費がかさんだりし、生活が圧迫されるでしょう。

生命保険は、自分・家族を守るためには必要不可欠なものといえるでしょう。
自分も家族も安心して暮らしたければ、入っておくべきものです。
まだ、生命保険に契約していない方は契約してみませんか。



≪TOPIC≫
生命保険の見直しが無料で相談できるサイトです ... 保険 見直し

Copyright © 2014 生命保険の必要性 All Rights Reserved.